繊維筋痛症になりまして。

繊維筋痛症になって、生活がガラリと変わってしまいました。

線維筋痛症と家族



昨日は風邪を引いたと思いましたが、風邪では無かったみたいです。
いつも通り過ごしてました。



本日のタイトル。
線維筋痛症と家族。


私が線維筋痛症になって、色々な事が変わりました。
病気だと診断されるまでは、家族もそれほど重くは考えて居なかった。
こんな事を言うと、「心配してたよっ!」
て、言われてしまいそうですが私自身も考えて無かったからです。




段々、症状が酷く表れてきて病院に行くと色々な科に回されて仕事も
出来なくなった時には旦那様と2人で行ってた病院に娘も付き添うように
なりました。



そして、ようやく病名が分かった病院に行ったのも3人で。
始めて線維筋痛症だと医師から聞いた時に、娘が酷くショックを受けて
たのが正直ビックリで先生の話を聞くのを忘れるとこでした。



娘は、ネットで私の症状を見て調べていたんです。
そうすると、線維筋痛症と私の症状がピッタリで怖かったらしく、
私に言えなくて病院に付き添う事にしたんだとか。




旦那様は、医師の話を聞いて質問があるかと言われると、
入院をして治療をすれば治るとかは無いんですか?



医師は、即答で入院しても痛み止めをするくらいです。
治療と言うより、痛みが軽減する本人に合った薬を早く見付ける事。



痛みは本人しか感じない、痛む場所が腫れる訳でも赤くなる
訳でも無くて見た目では分からない。
だから、周りの理解が必要。
ストレスが最も悪いから溜め込まない様にしてあげて。


こんな話をして線維筋痛症の小冊子を貰いました。



帰りの車の中は静まり返り、なんだか重病人になった気分。



あの日から変わったのは娘です。
大学生で家から通ってますが、今まで私に任せきりだった洗濯や
自分のお弁当作りをやるようになりました。



天気の良い日は外に干していた洗濯物も室内干しに変えました。
時々、夕飯を作るのも手伝ってくれます。
大学を卒業すれば就職、彼女に頼ってばかりはいられません。



なので、娘の指導でストレッチも頑張ってます。


旦那様は、お風呂洗いが日課になりました。
仕事から帰ると真っ先に風呂場へ行きます。



家族の為にも明るくしていたい。





風邪を引いたら病院


朝、起きたら喉が痛くてクシャミ連発。
昨日の夜は、何でも無かったのに。
痛みもあるし、グッタリでした。



インフルエンザも流行ってますね。
私が線維筋痛症で通っている病院で、風邪を引いたら
直ぐに来る様にと言われました。


風邪で薬を飲む事になれば、今飲んでる薬の量が多い
ので合わせた処方が必要と言う事みたいで。



でも、お世話になってる病院は自宅から1時間近く掛かります。
毎回、行く日は気合を入れて惰性で車に乗って痛みを我慢しながらの
1時間。
今の軽い症状の風邪では行く気にはなりません。




家族に言わせると酷くなってから行く方が大変。
早目に行こうと騒がれてました。
でも、今日は行きません。



地元にも病院はあります。
歩いて行ける距離にもです。
お薬手帳を持って持病の説明をすれば良いと思うんです私は。




風邪薬、飲んでません」。
自力で治せる気がします。



皆さんも、風邪には気を付けましょう。




線維筋痛症、恐るべし!



今日はお天気が悪いから?
かなり痛みます。




動けないほどではありません。
腰から足、ピリピリッと。


こんな日は何もしたくない。
でも、そんな訳にも行かないのが現実。
昨日と今日では全く変わってしまうのが怖い。



痛みの度合いが毎日、違うし。
痛む場所も毎日、違う。
線維筋痛症は、ストレスが原因と言われてます。
でも今の時代、誰でもストレスを抱えてるはず。



頑張り過ぎないように。
医者に言われます。
頑張るも頑張らないも、私のやり方で生きて来た。



家族の色々な事もあります。
自分の事より全力投球は、母親ならそうですよね。



痛みのある日は、あまり良い事を考えません。
線維筋痛症は、痛くないのに痛い病気?
うまく説明するのは大変です。



ベットで横になると起き上がれなくなるので、長椅子に
座ったまま。
溜息ばかり出てしまいます。



頑張って、夕飯は作ります。


早目に休んで明日は元気に?


また、明日。